物件選びはここが肝心!失敗しない別荘の選び方

自宅から目的地までのアクセスの良し悪し

物件を選ぶ上で重要なポイントとして自宅からの距離が挙げられます。別荘とは文字通り、避暑や避寒を目的に自宅から離れたリゾート地に設ける別宅のことです。しかし、どんなに快適に過ごせる物件であっても、アクセスがしずらい場所では気軽に遊びに行くこともできない上に自然と疎遠となってしまいます。

そのため、レジャー用品の持ち運びも考慮に入れて、交通の利便性が高い場所を選択することが重要です。

光熱費を含めたランニングコスト

別荘に限らず物件を所有する上で忘れてはいけないのが光熱費を含めたランニングコストです。別荘は使用している時はもちろんのこと、誰も使っていない時でも綺麗な状態を保つための定期的な清掃やなどで光熱や人件費が掛かってしまいます。こうしたコストの負担は例え月々の出費が少額でも、年間を通してとなればまとまった金額になるのは否めません。

使用していない時にできる限り出費を抑えられるかどうかの見極めも重要になります。

環境によって起こりえるトラブルへの対処

日本は土地によって、寒暖差や気温の変化に大きな違いがあります。別荘を所有する場合には、こうした変化に対応できるかどうかも重要なポイントです。

海の近くに居を構えた時に考えられるのが海水に含まれる塩分によるサビの被害です。海岸から離れた場所でも遮る物がないと海風によって鉄類が錆びてしまうこともあるので、気を付けなくてはいけません。ウィンターシーズンの利用をメインに北国の別荘を購入するのであれば、豪雪による凍結や倒壊に備えることが必要になります。

環境に応じて設備投資が掛かってしまうこともあるので、場所選びと共にその土地の環境も考慮することが大切です。

八ヶ岳の別荘は、夏や冬の長期休みに使うのはもちろんですが、リタイアした後に定住する事も可能です。温泉付物件も一部であるので、悠々自適なスローライフを送る事が出来るでしょう。