戸建てのメリットには何があるの?マンションとの違いとは?

土地の資産価値が高い

戸建て住宅のメリットは、マンションに比べて土地の資産価値が高いことと、その利用度が自由である点です。マンションだと年数が経つにつれてその資産価値も徐々に下がっていきますが、戸建ては老朽化しても建て直せばいいのでその利用価値は高いといえます。また立て替えることになっても、自分一人の判断で行うことができるので、住人全員で決めていかなければならないマンションに比べて自由度が高いという特徴があります。

子どもをのびのびと育てられる

小さい子供と一緒にマンションに住んでいると、階下の人への騒音に配慮しなければならないことが多いのではないでしょうか。戸建てであれば騒音に気にすることなく生活することができるというメリットがあります。また戸建てには庭のある家を選ぶことができるので、ガーデニングなどの趣味を楽しむこともできます。戸建ては比較的静かな環境に建てられることが多いので、子どもをのびのびと育てたいと考えている方にも最適です。

管理費や修繕積立金がかからない

マンションと比べた場合の戸建てのメリットは、分譲マンションに必要な管理費や修繕積立金がないことです。また自宅に駐車場を確保できれば、駐車場代も無料になります。管理費や修繕積立金、駐車場代などの費用がかからない分を住宅ローンの返済にあてることも可能です。ただし、修繕積立金がかからない分、自分で自宅の修繕費を積み立てておく必要があります。戸建ては10年前後で屋根の塗装や防水工事が必要になるので、その費用分を積み立てておくようにしましょう。

国立の戸建てならば、中古物件から新築物件までさまざまな選択肢が有るので、好きなものを見つけることが可能です。