おしゃれで住み心地がスペシャル!自然素材の家をつくろう

材質や機能性を用途に合わせていかす

日本人が生活していく中で、最も身近な自然素材とえいば、木材です。木目のもっている美しさや温もり、すがすがしさや芳香は、五感を心地よく刺激してくれるので、快適な住まいづくりのためには、取り入れたいという人も多いですよね。もちろん、優れた調湿性や光や音をほどよく吸収してくれる機能も見逃せません。一般的に見た目の印象も左右するフローリングに自然素材を取り入れる人も多いです。

選択肢としては、天然木の板をはった厚さ2mmほどの挽き板フローリングと天然木をそのまま使用した無垢材フローリングがあります。無垢であれば、当然、天然木の風合いをそのまま味わうことができ、挽き板なら木の持つ個性を楽しめる上、床暖房を仕込みやすいなどの機能性を発揮してくれます。床は空間そのものの印象を決める重要な構成要素なので、部屋の用途も考慮に入れながらおしゃれに感じられる素材を選んでいきましょう。

樹種の特性をいかして

壁や天井部分も床と同じく空間の印象を左右します。木材はフローリングに限らず、樹種の特性をいかして各部位で活躍してくれますよ。たとえば、ヒノキやサワラは水に強いため、昔から浴室に採用されています。ヒノキは、特に水にぬれるとすがすがしい香りを放つので、入浴中のリラックス効果を高めてくれるでしょう。また、ベイ松やアカ松は、強度が高い特性をいかして、梁に使用し、輸入材のウエスタンレッドシダーは、耐久性が高いため、外壁やウッドデッキなどの屋外に使用するといいでしょう。住まいの中に木質デザインを取り入れる機会は、近年、増加しています。アクセント的に設置できる壁材や天然木をシート状に加工した壁紙などもあるので、上手に活用していきましょう。

ローコスト住宅とは、通常の注文住宅よりも比較的安価に注文できる住宅のことを指します。建築費用が安く、人気のある複数の間取りを取り入れた造りからプランを選ぶ規格住宅であることがほとんどです。