よく考えて選ぼう!別荘を選ぶときの二つのポイントとは?

希望を叶えられる場所を選ぼう

別荘を選ぶときに何より重要なのが、別荘を手に入れて何をしたいかをよく考えることです。それがしっかりと実現できる場所を選ばなければ購入する意味がありません。夏に避暑に行ってゆっくりと木陰で過ごしたいという場合には高原や山にある別荘を選ぶ必要があり、周りが木に囲まれていた方が望ましいでしょう。冬に気軽にスキーに行けるようにしたいと希望しているなら、スキー場へのアクセスが良いことや、お気に入りのゲレンデが近くにあることを重視しなければなりません。どんな希望を抱いているかによって別荘の場所を決めるのが大切です。

管理しやすい別荘を選ぼう

別荘にどのくらい行くのかを考え、管理方法についても考慮して選ぶことが大切です。夏に1ヶ月くらい行くけれど他のシーズンは特に行くつもりはないという場合にはほぼ通年で管理できる体制を整えなければなりません。一年も完全に放っておいてしまうと家屋の劣化が進みやすくなるだけでなく、盗難などのリスクも高くなってしまいます。別荘地では業者が別荘の基本的な管理を受け付けてくれている場合が多いので、別荘を使わない期間が長そうな場合には業者に相談しておきましょう。

管理を業者に依頼する必要がある場合には、別荘のランニングコストとして考慮しておく必要があります。他にも固定資産税を納めるなど、別荘を手に入れると支出が増えてしまいがちです。別荘を選ぶときにはその予算も工面できるかを考えた上で決定するようにしましょう。

移住希望者の転入先として注目されている山梨県の中でも、北杜市の不動産は特に人気があります。八ヶ岳の麓に位置して自然に恵まれ空気が綺麗な観光地として別荘が多いのも特徴です。