お店を開く場合には店舗デザインの雰囲気や機能性を考える

どのような雰囲気をつくりたいのか

これからお店を開きたい場合には、店舗デザインが重要になります。お店に入って来るお客さんはその店の第一印象を重視することが多いですので、デザインが素晴らしければ多くのお客さんに来てもらうことが可能です。そこで、雰囲気づくりを強く意識して店舗デザインをしましょう。まず、販売する商品やサービスとデザインのバランスが重要になります。

例えば、癒し系のマッサージ店を開く場合には露骨なコンクリートむき出しのデザインよりも、どこか落着いた温かみのあるデザインの方が有利です。また、明るいカフェを作りたい場合には、日差しがたくさん入ってくるように大きめの窓を設置することも大事でしょう。さらには、インド料理店を開きたいならば、インドの一般的なお店をモチーフにしたデザインにすることでよい雰囲気を演出することが可能です。

機能性も重視することが必要

店舗デザインをするときに忘れてはいけないことの一つが、機能性を重視することになります。日本の店は、米国などのように十分な面積を確保できないお店が多いです。そのため、限られたお店の面積の中で実用性や機能性を高める必要があります。例えば、レジを入り口付近に持っていくお店が多いですが、そうすると入ってくるお客さんと会計をするお客さんが重なってしまい入り口付近が混雑することもあります。それならば、入り口付近を少し大きめにするかあるいはレジをお店の中の方に持って行き、混乱を避けるように工夫することが重要になるでしょう。

店舗デザインは店主を含めたスタッフが自分で作成する事もありますが、近年では店舗デザイナーも増え、これらのデザインを手掛ける業者も増えています。