店舗デザインするときに気をつけたいこととは

販売するものと店舗デザイン

店舗はデザインによって訪れる人たちに与える印象が大きく異なります。自分の店を持つとき、様々なコンセプトや理想を持っている人は少なくありません。しかし、デザインを決めるときは本当に自分の店に合っているのかどうかをきちんと見極める必要があります。まず大切なことは、店で販売する商品にデザインが合うかどうかです。例えば、食品系ならある程度の清潔さがある方が一般的に好まれるでしょう。建物や部屋としてのデザインだけでなく、販売物を並べた時の印象も考えておくことが大切です。

店内を自由に動けるスペースを考える

おしゃれな雰囲気の店に憧れる経営者は少なくありません。しかし、店舗のデザインをする際は見た目だけでなく人が自由に行き来できるスペースも確保する必要があります。ある程度、客がゆっくりと商品を見ることができる空間にすることが大切です。レストランなどの飲食店なら、給仕する際に店員が料理を持って無理なく動けるようにします。

見た目だけでなく使いやすさにもこだわる

似たようなデザインでも機能性があるのとないのでは全く異なります。例えばドアノブ一つ取っても、見た目は良いけれど開けにくいと客に不便さを与えてしまうでしょう。見た目だけでなく、使い勝手からも選んでいくことが大切です。飲食店なら壁紙は、清潔感がある見た目だけでなく汚れにくいタイプにしておくと手入れが楽になります。インテリアなども、簡単に拭いたりホコリが取れる方が理想的です。店を開店させて忙しくなると、掃除できる時間も限られてきます。あらかじめ短時間で簡単に掃除できる素材を選んでおくことがおすすめです。

店舗の内装を決めるときには、どのような雰囲気にしたいのか考えることが必要不可欠です。客層のターゲットなどから、雰囲気を考えて内装を決めるようにしましょう。