マンションを購入する際の住宅ローンの考え方

住宅ローン以外にも購入後に支払うお金があります

マイホームを購入する上で、マンションに住むことを考えている人も多いのではないでしょうか。マイホームを購入すると毎月発生するお金といえば、マンションを購入したときに銀行などの金融機関から借りた住宅ローンが真っ先に思い浮かびますが、マンションを購入した際には住宅ローン以外にも支払うお金があります。支払うお金には毎月支払うことになるものと、年に数回に分けて支払うことになるものがあります。

マイホームを持つと必ず支払うことになるお金

マンションに限らず、マイホームを所有すると、必ず支払うことになるお金があります。それは固定資産税や都市計画税といったお金です。都市計画税は特定の区域に住んでいる人にしか発生しませんが、固定資産税は不動産を購入し、所持している人であればだれもが支払うことになるお金です。

マンションの場合、特に新築物件を購入した直後は固定資産税が高額になります、その後は減価償却によって建物の価値が下がるため、固定資産税の金額も安くなっていきます。固定資産税は年間に決まったお金を分割で支払います。

毎月支払うことになるお金

毎月支払うお金で代表的なものはマンションの管理費と、修繕積立金です。マンションの管理費は主に共有部分を綺麗に保つためのお金で、掃除や設備の維持などに必要な経費はこの管理費から支払われています。管理費は共有部分が多いマンションほど高額になります。

修繕積立金は建物が古くなって修繕するときに使われるお金です。修繕積立金は新築の時は安いですが、築年数が経過するにしたがって高くなる傾向にあります。

小牧のマンションに住むことを希望する人が増えているのも事実です。空き部屋の情報が出ると直ぐに申し込み者が殺到するのです。