店舗に必要な要素を考えよう!機能は細分化して考えるのがコツ

店舗のデザインは機能を細分化してから作り上げる

これならきっと商品が売れると考えられる店舗デザインを作り上げるためには、まず店舗経営をする上で必要な機能を細分化して考えるのが重要です。商品の陳列棚があれば良いと短絡的に考えてしまうと機能性の低いデザインになってしまいかねません。商品棚の種類も分類し、販促品のための棚と常備商品のための棚などに分けてレイアウトしていくと機能性は高まります。販促という観点からは広告のディスプレイをしたり、放送による宣伝を行えたりするようなスペース作りも重要です。会計や商品詰めのスペースをどれだけ確保するかも考慮しなければなりません。業種によって必要とされる機能には違いがありますが、全ての要素をリストアップして店内にレイアウトすることによって高い機能性のある店舗を作り上げることが可能になります。

デザインの原案を作ってから必要な店舗サイズを考える

店舗として最大限の機能性を実現するには、店舗デザインを考えてからサイズを決めることが重要です。業種によって必要とされる要素の数も、それぞれに必要な最低限のスペースの広さにも違いがあります。最低要素を組み合わせていくだけで店舗サイズの下限が決まるでしょう。それを原点にして考え、独自性を出すために追加の機能を考えたり、余分にスペースを取ってメリットを生み出したりするのが肝心です。まずはデザインの原案を作ってから店舗物件を探すという流れで店舗を作り上げていくと大きな失敗がありません。初めて店舗開業をするときには忘れてはならない点です。

内装デザインとは室内の壁や床、天井などを美的造形を意識して設計することです。カーテンやカーペットを選ぶことも内装に含まれます。